© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇

日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの思いを重ね合わせます。

もし、日本に桜がなかったら、紅葉が、叙情の最も大きな対象になるのかもしれません。とりわけ、今にも枯れて落ちていきそうな葉は、悲しみや切なさのシンボルとなることでしょう。

※photographer/Yoshikazu Watanabe

赤や金色に輝く秋の枯葉が
目に浮かぶのはあなたの唇
夏のくちづけ
何度も握りしめた日焼けした手
枯葉が舞い始める季節になると
あなたがいなくてさみしい
※和訳参考文献:『LET’S SING JAZZ STANDARDS IN ENGLISH/里井久輝  著』


Duo 柳風、gitano

20193/17

花粉症がつらいですね

小青龍湯という漢方で花粉症が治ったという話をきき、一年間のみました。今年は今のところ、例年より辛くないです …

20191/27

ライブのご案内

・現在、ライブの予定はございません。決まりましたら掲載いたします。 ・2019年3月23日(土)にJazz Spot PACOで開催したラ…

20191/20

L-O-V-E

壮大な愛のパワーを持つ歌 ナット・キング・コールの『L-O-V-E』。JAZZにさほど興味のない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないで…

20191/19

The shadow of your smile(いそしぎ)

日本人と相性のよい歌詞~涙・唇・面影~ 『The Shadow of Your Smile』は、1965年のアメリカ映画『いそしぎ』の主題歌…

ページ上部へ戻る