© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20173/6

ルート66

今も愛され続けている道のうた

ルート66は、アメリカ合衆国の国道66号線のことです。1985年に廃線となっていますが、古くから音楽や映画に題材として取り上げられています。

最近では、ディズニー映画『カーズ』の舞台として登場しています。また、ジャニーズ事務所の山下智久さんが、2週間かけて一人でドライブしたTV人気番組も記憶に新しいところです。
71kbchgroxl-_sl1000_

JAZZの『ルート66』は、沿線のシカゴからロサンゼルスまでの地名を紹介する詞になっています。
セントルイス ~ ジョブリン ~ オクラホマ ~ アマリロ ~ ギャロップ ~ ウィノナ ~ フラッグスタッフ ~ キングマン ~ バーストー ~ サンバーナディノ。
EPSON MFP image
ルート66は、全長2,347マイル。3,755km。
日本列島は約3,000km。(←計測の方法により異なりますが)。

ルート66は、日本列島より長いのですね!
唄うと、なおさら行ってみたくなります!

※1946年、詞・曲 ボビー・トルーブ。

201811/2

ライブのお知らせ|2018.11.23(祝・金)

11/23(祝・金)夜、足立区「ギャラクミュージックフェスティバル」に出演します ・11/23(金・祝)18:40~19:00にギター…

201811/2

マイブーム

アルパカワインのラベルの金色のアルパカのシールをきれいに剥がすこと。どうしても途中で破れてしまう!…

201810/12

You’d be so nice to come home to

「八月の月」が名曲たる所以かもしれない  「You'd be so nice to come home to」といえば、日本でもかなり…

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇 日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの…

ページ上部へ戻る