© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20176/24

枯葉(Autumn Leaves)

赤い枯葉はあの人の唇

日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの思いを重ね合わせます。

もし、日本に桜がなかったら、紅葉が、叙情の最も大きな対象になるのかもしれません。とりわけ、今にも枯れて落ちていきそうな葉は、悲しみや切なさのシンボルとなることでしょう。

※photographer/Yoshikazu Watanabe

赤や金色に輝く秋の枯葉が
目に浮かぶのはあなたの唇
夏のくちづけ
何度も握りしめた日焼けした手
枯葉が舞い始める季節になると
あなたがいなくてさみしい

※伴奏音源by Kazuki
※和訳参考文献:『LET’S SING JAZZ STANDARDS IN ENGLISH/里井久輝  著』

20189/9

ライブのお知らせ|2018.10.20(土)

10/20(土)夜、阿佐ヶ谷のお蕎麦屋さんにて、ミニライブに出演します。 蕎麦焼酎でも一緒に呑みませんか? ・蕎麦屋 道心(南阿佐ヶ…

20187/18

Night and Day

紙一重ギリギリの純愛?! 「夜も昼もあなたが好き」「いつもあなたのことを考えている」「好きすぎて苦しいのよ」「この気持ち、あなたにわかるか…

20182/22

テネシーワルツ

心が掻き乱されるのは、歌詞のせい?リズムのせい? テネシーワルツは、世界で幅広く人気のある曲です。日本でも、江利チエミさんや美空ひばりさん…

20181/17

The girl from Ipanema(イパネマの娘)

キムタクがバスターミナルから歩いてくる歌! 『イパネマの娘』といえば、2016年のリオ・オリンピック開会式でも演奏されたほど、世界中に広く…

ページ上部へ戻る