© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

201710/20

This Masquerade(ジス・マスカレード)

B面の隠れ名曲

 私は歌の勉強のために、「シンガーソングライターが集まるカラオケ会」に時々参加させて頂いています。皆さん、楽曲に詳しくて、「この歌は、みんな知らないでしょう!」という隠れ名曲をそれぞれ歌い合います。そして、メロディーや詞を勉強する場になっています。例えば、故・川島なお美さんが若かりし頃に出したレコードのB面に入っている隠れ名曲などです。

 「This Masquerade」も、もともとはB面の隠れ名曲です。1972年にレオンラッセルのレコードのB面に入っていました。歌詞は、男女のすれ違いの心情をマスカレード、つまり仮面舞踏会になぞらえた内容で、歌詞もメロディも地味に美しかったため、目立ちませんでした。その後、JAZZギタリストのジョージベンソンに見いだされてヒットし、カーペンターズなどにもカバーされ、今ではスタンダードナンバーと広く知られています。

 私がこの曲を好きになったのは、NHKのテレビで「スタンダードジャズ12選」としてラインナップされていたからです。NHKが選ぶ12曲となれば、神曲と呼んでよいのではないでしょうか?

※作詞&作曲:レオン・ラッセル 1972年
※撮影:セッション『Salon of Music~Feeling the essence of songs』にて。
※和訳参考文献:『LET’S SING JAZZ STANDARDS IN ENGLISH/里井久輝  著』
※参考文献:『死ぬまでに聴け!バラード200/かまち潤 著』
※更新:2108年2月22日

20189/9

ライブのお知らせ|2018.10.20(土)

10/20(土)夜、阿佐ヶ谷のお蕎麦屋さんにて、ミニライブに出演します。 蕎麦焼酎でも一緒に呑みませんか? ・蕎麦屋 道心(南阿佐ヶ…

20187/18

Night and Day

紙一重ギリギリの純愛?! 「夜も昼もあなたが好き」「いつもあなたのことを考えている」「好きすぎて苦しいのよ」「この気持ち、あなたにわかるか…

20182/22

テネシーワルツ

心が掻き乱されるのは、歌詞のせい?リズムのせい? テネシーワルツは、世界で幅広く人気のある曲です。日本でも、江利チエミさんや美空ひばりさん…

20181/17

The girl from Ipanema(イパネマの娘)

キムタクがバスターミナルから歩いてくる歌! 『イパネマの娘』といえば、2016年のリオ・オリンピック開会式でも演奏されたほど、世界中に広く…

ページ上部へ戻る