© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20182/22

テネシーワルツ

心が掻き乱されるのは、歌詞のせい?リズムのせい?

テネシーワルツは、世界で幅広く人気のある曲です。日本でも、江利チエミさんや美空ひばりさんがカバーし、親しまれています。特に日本人はテネシーワルツが大好きなのではないでしょうか?

歌詞は、「恋人とテネシーワルツを踊っていたら、古い友達が現れた。恋人を紹介したら、その友達に恋人を奪われた」という内容です。この悲しい歌詞を優雅なワルツの拍子、つまり三拍子にあわせて歌わなくてはなりません。優雅ゆえ、悲しみが助長されます。

もともと日本人は、文化的に三拍子に馴染みが薄く、二拍子や四拍子が好きです。三拍子だと心臓の鼓動が、心のビートが狂うのではないでしょうか?テネシーワルツを聴くと、歌詞も相まって、心がざわつき、掻き乱され、我がことのように切なくなるのではないでしょうか?

1946年、ピー・ウィー・キング作曲、レッド・スチュワート英語詞

201811/2

ライブのお知らせ|12/6(木),3/23(土)

12/6(木)高円寺 楽や ・19:00open、19:30start、22:00頃迄。 ・2ステージ。入れ替なし。私は計6曲歌いま…

201811/2

マイブーム

アルパカワインのラベルの金色のアルパカのシールをきれいに剥がすこと。どうしても途中で破れてしまう!…

201810/12

You’d be so nice to come home to

「八月の月」が名曲たる所以かもしれない  「You'd be so nice to come home to」といえば、日本でもかなり…

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇 日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの…

ページ上部へ戻る