© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20187/18

Night and Day

紙一重ギリギリの純愛?!

「夜も昼もあなたが好き」「いつもあなたのことを考えている」「好きすぎて苦しいのよ」「この気持ち、あなたにわかるかしら?」「この気持ちどうしたらいい?」。・・・Night and Dayは、好きという気持ちがどんどんエスカレートしていく歌詞だ。現代でいうところのストーカーのように、意味を受け取れなくもない。いったい、どういう歌なのだろう?

私は歌詞の意味が理解できない時、きまって、高田馬場にあるジャズ喫茶マイルストーンへ行くことにしている。ここには、ジャズに関する雑誌や書籍がたくさんある。なかでも特に、絶版本のスイングジャーナル別冊「名盤名鑑」が辞書代わりに重宝している。

いろいろ読んでみたところ、Night and Dayは、あくまでも純愛のうたで、これ以上、愛情表現できないほどの純粋な歌詞なのだそうです。愛に溢れていることから多くの映画の挿入歌に用いられ、銀幕の影響力はやはり大きいため、現在も広く親しまれているとのこと。

だから、ストーカー疑惑はまったくの見当違い。確かに、字面だけみると、くどい気もするけれど、フランクシナトラの甘く滑らかな歌声を聴けば、うっとりと純愛を感じます。


コール・ポーター作詞作曲、1932年

201810/12

You’d be so nice to come home to

「八月の月」が名曲たる所以かもしれない  「You'd be so nice to come home to」といえば、日本でもかなり…

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇 日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの…

201810/1

尋ね人

東京倶楽部の目黒と水道橋で最近お会いした、ドラムを優しく叩いてくれた殿方。またお会いしたい。…

201810/1

若かりし思い出

OLしていた時、水道橋に勤務していた。夜になると、上司達が東京倶楽部へ行ってしまうので、「課長きてますかー?」って倶楽部に探しにいった(笑)…

ページ上部へ戻る