© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇

日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの思いを重ね合わせます。

もし、日本に桜がなかったら、紅葉が、叙情の最も大きな対象になるのかもしれません。とりわけ、今にも枯れて落ちていきそうな葉は、悲しみや切なさのシンボルとなることでしょう。

※photographer/Yoshikazu Watanabe

赤や金色に輝く秋の枯葉が
目に浮かぶのはあなたの唇
夏のくちづけ
何度も握りしめた日焼けした手
枯葉が舞い始める季節になると
あなたがいなくてさみしい
※和訳参考文献:『LET’S SING JAZZ STANDARDS IN ENGLISH/里井久輝  著』


Duo 柳風、gitano

201810/12

You’d be so nice to come home to

「八月の月」が名曲たる所以かもしれない  「You'd be so nice to come home to」といえば、日本でもかなり…

201810/1

尋ね人

東京倶楽部の目黒と水道橋で最近お会いした、ドラムを優しく叩いてくれた殿方。またお会いしたい。…

201810/1

若かりし思い出

OLしていた時、水道橋に勤務していた。夜になると、上司達が東京倶楽部へ行ってしまうので、「課長きてますかー?」って倶楽部に探しにいった(笑)…

20189/28

ちゅんさんはオシャレ

ちゅんさんのスヌーピーの柄のシャツ、知ってる? ひとめ見て、ヴィンテージの生地だって分かった。いつも、さりげなく、超オシャレ!…

ページ上部へ戻る