© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

My Song World

「昭和から平成に変わるころのJ-popや歌謡曲」をジャジーな雰囲気にして歌っていきたい!

私の選曲基準♪
(1)昭和から平成に元号が変わった1989年を基点とする前後3年、つまり1986(S60)~1992(H4)の7年間のヒット曲を対象とすること。
(2)日本語、英語、中国語でカバーされていること。どの言語においても美しく押韻されていること。
(3)自分が好きな曲であり、当時の友達(団塊jr世代)と思い出を共有している曲であること。


ピアニストの土田健さんに『時の流れに身をまかせ(1986年)』をジャズアレンジして頂きました。テレサテンは存在感が別格です。歌謡曲・演歌・Jpopのどれにも括られずに、「テレサ・テン」としてカテゴライズされることもあるそうです。ビートルズやマイケル・ジャクソンを超えて「世界でもっともファンの多いシンガー」とも言われています。(※参考文献:スージー鈴木著,1984年の歌謡曲)


2018年7月 ライブ「理性がきかぬ恋 vol.1」を開催しました


コンセプト「理性がきかぬ恋」

(1)Winkの「愛が止まらない」をボサノバで大人っぽく

(2)小柳ゆきがカバーしているスタンダードジャズ「Cry Me a River」

(3)テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」のジャズアレンジ

動画は上記参照ください。


2018年10月 、Duo「柳風(りゅうふう)」として、ギタリストとライブ活動を開始しました。「目を閉じておいでよ/バービーボーイズ」をオリジナルアレンジして歌っています。練習動画です。

昭和64年リリースという非常に珍しい曲です。来年で平成が終わり改元されますが、改元の時期は、時代の流れが激しい為、個性が際立っていないと流行歌は消えてしまいます。「目を閉じておいでよ」は男女の愛のかけあいの歌詞が直せつ的で、インパクトが大きいです。現代、平成のおわりの流行歌は「エモい」が流行のキーワードと世間では言われています。「エモい」とは、感情をストレートに表現できない様子を表します。同じ改元であっても、平成のはじめと終わりでは、個性の立ち方が180度違うようです。

20191/27

ライブのご案内 2019年3月23日(土)

3/23(土) 麹町Jazz Spot パコ 出演決定! Duo柳風(りゅうふう)ライブ 3月23日(土) 19:30~、20:30~、…

20191/20

L-O-V-E

壮大な愛のパワーを持つ歌 ナット・キング・コールの『L-O-V-E』。JAZZにさほど興味のない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないで…

20191/19

The shadow of your smile(いそしぎ)

日本人と相性のよい歌詞~涙・唇・面影~ 『The Shadow of Your Smile』は、1965年のアメリカ映画『いそしぎ』の主題歌…

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

ページ上部へ戻る