© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

My Song World

私は歌謡曲やJ-POPをジャズなどにアレンジして歌っていきたいです。具体的に以下に記します。

選曲基準3つの要件

(1)昭和から平成に元号が変わった1989年を基点とする前後3年、つまり1986(S60)~1992(H4)の7年間のヒット曲を対象とすること。
(2)日本語、英語、中国語でカバーされていること。どの言語においても美しく押韻されていること。
(3)自分が好きな曲であり、当時の友達(団塊jr世代)と思い出を共有している曲であること。


手始めに、ピアニストの土田健さんにジャズアレンジを発注した。曲は1986年の『時の流れに身をまかせ』。テレサテンは存在感が別格だ。歌謡曲・演歌・Jpopのどれにも括られずに、「テレサ・テン」としてカテゴライズされることもある。また、ビートルズやマイケル・ジャクソンを超えて「世界でもっともファンの多いシンガー」とも言われている。(※参考文献:スージー鈴木著,1984年の歌謡曲)
土田さんのアレンジが素晴らしかったので、もう一曲、発注することにした。7年×1曲ずつリストアップはしてある。次の曲は、音楽業界において、日本社会において、昭和から平成への「時代の変化の核」であろう曲だ。きっと、みんなは真っ先には思い浮かばないだろう。でも、言われてみれば誰もが納得する大ヒット曲。みんなの心の奥深くに刻まれているはず。土田さんのJAZZアレンジなら、聴く人の心が揺さぶられ、目が覚め、生きる力が湧いてくるに違いない。
最終的には、英語や中国語も織り交ぜて歌って、在住外国人や友達にも楽しんでもらいたい。


2018年7月 ライブ「理性がきかぬ恋 vol.1」を開催しました


コンセプト「理性がきかぬ恋」

(1)Winkの「愛が止まらない」をボサノバで大人っぽく

(2)小柳ゆきがカバーしているスタンダードジャズ「Cry Me a River」

(3)テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」のジャズアレンジ

動画は上記参照ください。

201810/12

You’d be so nice to come home to

「八月の月」が名曲たる所以かもしれない  「You'd be so nice to come home to」といえば、日本でもかなり…

201810/11

枯葉(Autumn Leaves) 再投稿

赤い枯葉はあの人の唇 日本人の多くは、桜の花に思いを馳せます。短い間に咲いて散っていく桜をみて、「人生」や「出逢いと別れ」、「恋愛」などの…

201810/1

尋ね人

東京倶楽部の目黒と水道橋で最近お会いした、ドラムを優しく叩いてくれた殿方。またお会いしたい。…

201810/1

若かりし思い出

OLしていた時、水道橋に勤務していた。夜になると、上司達が東京倶楽部へ行ってしまうので、「課長きてますかー?」って倶楽部に探しにいった(笑)…

ページ上部へ戻る