© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20173/25

フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン

花鳥風月を超えて想像力を掻き立てる詞

「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」は、ジャズの有名なスタンダード・ナンバー。近年では、大人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のエンディングテーマに用いられ、若い世代にも馴染みがあります。

私はこの曲が、これからも日本において、多くの人にカヴァーされて歌い継がれていくことを強く望んでいます。なぜなら、この曲には、現代の日本の歌に不足がちな要素が盛り込まれていると思うからです。

(歌詞)

Fly me to the moon and let me play among the stars.
Let me see what spring is like on Jupiter and Mars

(和訳)
私を月へ連れて行って、そして、星の間で遊ばせて。
木星や火星の春がどんなものか見せて

歌詞のなかには、「月」や「星の間」、「春」といった自然や季節が散りばめられています。最近の日本の歌には減ってきている花鳥風月が豊かに描かれ、月を通り越して、木星や火星にまで舞台は広がっています。壮大なロマンと風情が、聴き手の想像力を掻き立て、心に印象深く残ります。

※作詞作曲:バート・ハワード

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

201812/20

売り物なの知らなかった!

ジャズ喫茶マイルストーンへ行き、いつものように「ジャズ名鑑」を辞書代わりに読もうとしたら見当たらなかった。高値で売れた様子。売り物だったの…

201812/13

ライブのご案内 2019年3月23日(土)

3/23(土) 麹町Jazz Spot パコ 出演決定! ・18:30オープン、19:30~、21:00~、入れ替え無し ・ギタリストとDu…

201811/2

マイブーム

アルパカワインのラベルの金色のアルパカのシールをきれいに剥がすこと。どうしても途中で破れてしまう!…

ページ上部へ戻る