© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20191/20

L-O-V-E

壮大な愛のパワーを持つ歌

ナット・キング・コールの『L-O-V-E』。JAZZにさほど興味のない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?日本でも、美空ひばりさんやSMAPが日本語でカバーしています。『L-O-V-E』は、多くの人に愛されている、まさに愛の歌です。

この曲の最大の魅力は、「誰が奏でても、明るく幸せな雰囲気になるところ」だと私は思います。JAZZは一般的に、歌手や演奏家が曲を自由にアレンジして楽しみます。例えば、哀しい失恋の曲をわざと賑やかに唄ってみせたり、切ないバラードをあえて速いリズムで、かっこよくキメてみたり。

それなのに『L-O-V-E』は、何をどうやっても明るく幸せな雰囲気に仕上がってしまう。きっと、何にも染まらない壮大なパワーを曲自体が持っているのだと思います。

※1964年 作詞・作曲/ベルト・ケンプフェルト、 ミルト・ガブラー

20193/17

花粉症がつらいですね

小青龍湯という漢方で花粉症が治ったという話をきき、一年間のみました。今年は今のところ、例年より辛くないです …

20191/27

ライブのご案内

・現在、ライブの予定はございません。決まりましたら掲載いたします。 ・2019年3月23日(土)にJazz Spot PACOで開催したラ…

20191/19

The shadow of your smile(いそしぎ)

日本人と相性のよい歌詞~涙・唇・面影~ 『The Shadow of Your Smile』は、1965年のアメリカ映画『いそしぎ』の主題歌…

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

ページ上部へ戻る