© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20187/18

Night and Day

紙一重ギリギリの純愛?!

「夜も昼もあなたが好き」「いつもあなたのことを考えている」「好きすぎて苦しいのよ」「この気持ち、あなたにわかるかしら?」「この気持ちどうしたらいい?」。・・・Night and Dayは、好きという気持ちがどんどんエスカレートしていく歌詞だ。現代でいうところのストーカーのように、意味を受け取れなくもない。いったい、どういう歌なのだろう?

私は歌詞の意味が理解できない時、きまって、高田馬場にあるジャズ喫茶マイルストーンへ行くことにしている。ここには、ジャズに関する雑誌や書籍がたくさんある。なかでも特に、絶版本のスイングジャーナル別冊「名盤名鑑」が辞書代わりに重宝している。

いろいろ読んでみたところ、Night and Dayは、あくまでも純愛のうたで、これ以上、愛情表現できないほどの純粋な歌詞なのだそうです。愛に溢れていることから多くの映画の挿入歌に用いられ、銀幕の影響力はやはり大きいため、現在も広く親しまれているとのこと。

だから、ストーカー疑惑はまったくの見当違い。確かに、字面だけみると、くどい気もするけれど、フランクシナトラの甘く滑らかな歌声を聴けば、うっとりと純愛を感じます。

コール・ポーター作詞作曲、1932年

 

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

201812/20

売り物なの知らなかった!

ジャズ喫茶マイルストーンへ行き、いつものように「ジャズ名鑑」を辞書代わりに読もうとしたら見当たらなかった。高値で売れた様子。売り物だったの…

201812/13

ライブのご案内 2019年3月23日(土)

3/23(土) 麹町Jazz Spot パコ 出演決定! ・18:30オープン、19:30~、21:00~、入れ替え無し ・ギタリストとDu…

201811/2

マイブーム

アルパカワインのラベルの金色のアルパカのシールをきれいに剥がすこと。どうしても途中で破れてしまう!…

ページ上部へ戻る