© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20182/22

テネシーワルツ

心が掻き乱されるのは、歌詞のせい?リズムのせい?

テネシーワルツは、世界で幅広く人気のある曲です。日本でも、江利チエミさんや美空ひばりさんがカバーし、親しまれています。特に日本人はテネシーワルツが大好きなのではないでしょうか?

歌詞は、「恋人とテネシーワルツを踊っていたら、古い友達が現れた。恋人を紹介したら、その友達に恋人を奪われた」という内容です。この悲しい歌詞を優雅なワルツの拍子、つまり三拍子にあわせて歌わなくてはなりません。優雅ゆえ、悲しみが助長されます。

もともと日本人は、文化的に三拍子に馴染みが薄く、二拍子や四拍子が好きです。三拍子だと心臓の鼓動が、心のビートが狂うのではないでしょうか?テネシーワルツを聴くと、歌詞も相まって、心がざわつき、掻き乱され、我がことのように切なくなるのではないでしょうか?

1946年、ピー・ウィー・キング作曲、レッド・スチュワート英語詞

20193/17

花粉症がつらいですね

小青龍湯という漢方で花粉症が治ったという話をきき、一年間のみました。今年は今のところ、例年より辛くないです …

20191/20

L-O-V-E

壮大な愛のパワーを持つ歌 ナット・キング・コールの『L-O-V-E』。JAZZにさほど興味のない人でも、一度は耳にしたことがあるのではないで…

20191/19

The shadow of your smile(いそしぎ)

日本人と相性のよい歌詞~涙・唇・面影~ 『The Shadow of Your Smile』は、1965年のアメリカ映画『いそしぎ』の主題歌…

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

ページ上部へ戻る