© Chika's Jazz Song Diary All rights reserved.

20182/22

テネシーワルツ

心が掻き乱されるのは、歌詞のせい?リズムのせい?

テネシーワルツは、世界で幅広く人気のある曲です。日本でも、江利チエミさんや美空ひばりさんがカバーし、親しまれています。特に日本人はテネシーワルツが大好きなのではないでしょうか?

歌詞は、「恋人とテネシーワルツを踊っていたら、古い友達が現れた。恋人を紹介したら、その友達に恋人を奪われた」という内容です。この悲しい歌詞を優雅なワルツの拍子、つまり三拍子にあわせて歌わなくてはなりません。優雅ゆえ、悲しみが助長されます。

もともと日本人は、文化的に三拍子に馴染みが薄く、二拍子や四拍子が好きです。三拍子だと心臓の鼓動が、心のビートが狂うのではないでしょうか?テネシーワルツを聴くと、歌詞も相まって、心がざわつき、掻き乱され、我がことのように切なくなるのではないでしょうか?

1946年、ピー・ウィー・キング作曲、レッド・スチュワート英語詞

201812/20

12/23セッション行けるかな

年末、歌い納めに行きたい。12/23(土)唐沢さんのコルトレーンに行こうと思う。間に合うかな。顔出すだけでも寄りたい。 …

201812/20

売り物なの知らなかった!

ジャズ喫茶マイルストーンへ行き、いつものように「ジャズ名鑑」を辞書代わりに読もうとしたら見当たらなかった。高値で売れた様子。売り物だったの…

201812/13

ライブのご案内 2019年3月23日(土)

3/23(土) 麹町Jazz Spot パコ 出演決定! ・18:30オープン、19:30~、21:00~、入れ替え無し ・ギタリストとDu…

201811/2

マイブーム

アルパカワインのラベルの金色のアルパカのシールをきれいに剥がすこと。どうしても途中で破れてしまう!…

ページ上部へ戻る